大好き!台湾の【YouTube】はココをクリック!

台湾のゲストハウスは、お得!

ここ数年、台湾で泊まる場所は、できるだけ安いところに泊まれるように、いろいろネットで探してます。

地方に行くと、B&Bや民宿(日本の民宿とはちょっと違います)に泊まることもあるんですが、最近の台湾(世界的かも)のブームは、格安で泊まれるゲストハウスが、ものすごく増えてきたので、利用してます。gusthouse台北でも、ネットの宿泊予約サイトで調べると、すごくたくさんあることに気がつきます。私がよく利用する予約サイトは、agoda楽天トラベルです。TVのCMなどでよくみるエクスペディアのサイトは、じつはまだ一度も使ったことが無いです。

楽天トラベルは、日本の会社なので、まったく不安も問題も無いんですが、ネットで探せば、もっと安いところがあるんです。なので、最近は楽天さんは、利用してません。やっぱ一番使ってるのは、agodaですかね。agodaも、昔はいろいろ問題が多くて、評判もすごく悪かったんですが、なんといっても値段が安かったんです。だから、もう5、6年も前からagoda使ってます。昔は、ちゃんとホテルに予約が通ってなかったことや、宿泊日の変更をすると、必ず変更手数料が取られたりしたんですが、最近は、宿泊の直前まで決済しないというのも選べるので、とても便利です。(あ、なんかagodaの宣伝みたいですが、決してそういうつもりで書いてはないです。)

agodaで、ネットのagodaで宿泊するところを探すんですが、もちろん料金が安いところは重要なポイントなんですが、それ以外に大事にしているのが「レビュー」です。これが、ほんとそのホテルがどんなところなのかを一番よくあらわしています。部屋がどうだったとか、ホテルの清掃がダメだったとか、フロントは親切だったとか、快適に泊まることができたかなど、いろんなコメントがあります。最近は、日本人も、このagodaを利用する人が増えたんでしょうね。日本語のコメントがかなり多く掲載されるようになりました。

で、ホテルに泊まる時に、コストパフォーマンスのいいのが、私が最近よく利用する「ゲストハウス」です。

ゲストハウスって、見知らぬ人と一緒の部屋に寝るんですよね。はい。そうですよ。でも、今は、雑魚寝ではなく、みんなベッドや個室になってるので、特別いびきや歯軋りする人じゃない限り、問題無いんじゃないですかね。一応、男女別のタイプをいつも選んでます。さすがに男女共同は、嫌です。

トイレとシャワーは共同ですが、gusthouse_2最近は、ションプーやボディソープが設置されていたり、ドライヤーもあるし、タオルや歯ブラシも貸してくれるところもあるんです。唯一、バスタオルくらいは、自分で用意した方がいいですけど。(歯ブラシは、持参した方がいいですよ。歯磨き粉が、どうも日本のとは違うんで、私は、絶対、歯磨きセットは持参してます。)

共同だと「貴重品や荷物が心配だ」と思いますよね。

私も最初それが一番心配で不安だったんです。だから最初は躊躇してたんですよね。カメラやPCなど持ってシャワー浴びに行ったりトイレには行けませんからgusthouse_1ね。でも、大丈夫です。最近のゲストハウスは、だいたいどこでも、各人用のロッカーが用意されてますので、そこに入れておけば盗られる心配はないです。ロッカーに鍵付いてますから施錠できます(古いところは自分で鍵を用意しないといけないところもあります)ので、閉めてしまえばOKです。あと、部屋は、だいたいが電子錠のカード式になってますので、その部屋を利用する人以外が入ることも無いです。

台湾は、夜市や朝ごはんのお店がどこへ行ってもあるんで、ホテルはほんと寝るだけ。あとは、シャワーさえ使えればいいと割り切れば、かなり安く旅行ができます。hotel_06今考えれば、よく普通のホテル使ってたときは、結構高い金額出して、泊まってたんだと思います。まあ、朝飯はバイキングのところが多いので、それは楽でよかったですが。(ずっとゲストハウスだと、音など周りに気を使いすぎて、疲れてきます。たまには、普通のホテルでひとりゆっくり過ごした方が、ストレスが溜まらずにいいと思います。経験上)

gusthouse_4その気になれば、24Hのスーパーへ行って買い出ししてくれば、自分で料理することも可能です。鍋や食器、調理器具、レンジ、冷蔵庫まで完備されているところも多いですから。長期滞在も全然大丈夫ですよ。

あと、リラックスルームみたいな、食事したり、他の人と話したりするフリーのスペースが屋上にあるところも、いくつかあります。TVはもちろんどこでもありますが、ボードゲームやギターが置いてたなんていうところもあります。

gusthouse_3あと、ベッドの脇には、コンセント類もちゃんと用意されてますので、充電などは心配無用です。ベッドの脇には、照明(読書灯)もあるので、カーテン閉めても大丈夫です。

洗濯機や乾燥機が置いてるところが、ほとんどですので、コインランドリーを探す手間なく、時間が有効に使えます。

最近ゲストハウスに泊まったところを動画にしてます。参考になさってください。

 

 

 

 

a BED HOUSEhotel_06

 

 

 

西悠飯店國際青年旅舎hotel_03

 

 

 

 

Greeen World Hostelhotel_07

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA