大好き!台湾の【YouTube】はココをクリック!

Hanako・4月号|台湾おやつ旅

Hanakoの最新号のみどころ

第二特集ではあちこちに人気のお菓子を求めて台湾旅行を決行!「パイナップルケーキより夢中」になる人が多いという「幻のピーナツ菓子」を求めて、ポンフー諸島に行ったり、台南でノスタルジックおやつをほおばったり。甘く、やさしい台湾のおやつ旅、みなさんもいかがですか?
(Hanako・webから転載)

台南、台中、澎湖そして台北へ。台湾でおやつの時間。

台南スイーツは、プリント豆花。
ということで、ページをめくると、
いきなり右ページが「泰成水果店」と左ページが「無名豆花」と台南を代表するお店の店頭写真です。
これはいきなりテンション上がりますね。

布丁でプリン。

じつは、恥ずかしながら台南でプリンを食べたこと無かったです。
泰成水果店に、プリンがあることも知りませんでした。
他にも名物プリンが食べることができるお店があったなんて。知ってたら行って他のに。残念!

豆花は有名どころが掲載

台南のスィーツといえば、豆花ですよね。
だからHanakoも有名店を掲載してます。
昨年秋に台南旅した時に、行った「同記安平豆花」や「無名豆花」、國華街にある「修安扁擔豆花」他が紹介されてます。どれも美味しそうです。

優しさと素朴さに出会える伝統市場。

台湾の昔ながらの代表的なおやつを食べるには、市場だということで、西門市場、東菜市場、永樂市場、康樂市場が紹介されてます。西門市場では、八寶冰の「江水號」のカウンターの写真が堂々掲載されてます。あ、ここの八寶冰は素朴で美味しいです。写真は、明るく写ってますが、実際は、もっと暗く裸電球がなんともレトロでいい感じです。

他にも台南のお店が紹介されてます!

焼き菓子や煎餅、珈琲店、喫茶店などが台南として紹介されてます。
(澎湖は割愛)

レモンケーキがリバイバル。台中

台中と言えば太陽餅が有名ですが、最近レモンケーキの人気が再燃しているようです。そういう私も、お土産でもらったことがあるのですが、このレモンケーキ食べたことあります。見た目もレモンで、味はいたってシンプルなケーキです。じつは、太陽餅はお土産で日本に持って帰ると、粉々になってしまうので、あまり評判が良くないですから、このレモンケーキならどなたにあげても喜ばれるでしょうね。

昔と今が交差する。台北

台北で最も美しいカフェ「時常在這裡」(在這裡:ここにある)が紹介されてます。あと、信義エリアにある、「微風南山」の注目店が紹介されてます。微風南山は、じつはまだ行ったことないのです。楽しそうで、早く行ってみたいです!

ということで、一部だけを紹介しました。
もっと読みたいという方は、Hanako|2019年4月号No.1170
(Hanakoは、昨年の12月号から月刊誌になりました)

雑誌「Hanako」は、試し読みもできます。定価780円(本体722円)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA